無職・無収入多重債務者の人は、キャッシングの審査には通らない

審査に通らない場合もある

m1

キャッシングやカードローンは審査が優しいイメージがあるかもしれませんが、誰でも利用できるわけではありません。
申し込みをしても審査に通らない場合だってあります。
消費者金融も銀行も相手を見てお金を貸すので、返済能力がない方には絶対にお金を貸してくれません。
「この人なら信用できる!」という方にのみお金を貸してくれます。
その返済能力の有無を判断するのが審査です。

審査では年収や職業、勤続年数、雇用形態、健康保険証の種類、借入状況、返済状況など様々な項目から返済能力があるかどうかをチェッ
クします。
審査に通らないということは、相手に信用されない何かしらの問題があるということです。
その問題がクリアされない限り、いくら申し込みをしても借入することはできません。

しかし、消費者金融や銀行にどうして審査に落ちたのか問い合わせても教えてはくれません。
いくら粘っても駄目なものは駄目なので、自分で審査に落ちた理由を考える必要があります。
ここでは審査に落ちやすい人の特徴を紹介しているので、自分に該当していないか確認してください。
仮に該当するものがあった場合は、早めにその問題を解決しましょう。

無職または安定収入がない

キャッシング・カードローンの申し込み条件を見てみると「安定収入がある方」と記載されています。
何かしらの仕事をしていて安定収入がある方ならお金を借りられますが、無職の方や安定した収入がない方は借入できません。
アルバイトやパートの方でも安定した収入がある場合は借入可能です。
個人事業主の場合、安定した収入がないとみなされることが多く、審査が厳しくなります。

専業主婦は無職と同じ扱いになるので、消費者金融から借入することはできません。
どうしても消費者金融から借りたい場合は配偶者の同意が必要になります。
銀行カードローンの場合は専業主婦でも利用できます。
ただし、仕事をしている方よりも審査は厳しくなるので、落ちる可能性もあると思ってください。

安定収入の基準は業者によって異なります。
年収200万円以下でも貸してくれるところもあれば、貸してくれないところもあります。
比較的消費者金融の場合は銀行と比べて年収が低くても審査に通りやすいです。
年収に不安があるのであれば、銀行のカードローンではなく、消費者金融のキャッシングを利用された方がいいでしょう。

多重債務者

複数の業者から借入している多重債務者はキャッシング・カードローンの審査に落ちやすいです。
一般的に3社や4社以上からお金を借りている場合は審査が通りづらくなります。
既にそのくらいから業者からお金を借りている方は無闇に申し込みをしないようにしてください。
さらに印象が悪くなり、より審査に通りにくくなります。

多重債務者の方は消費者金融や銀行が行っているおまとめローンを活用してください。
複数の借入先を一本化することによって、多重債務から解放されますし、利息が安くなり、返済も楽になります。
おまとめローンは総量規制が適用されないので、仮に年収の3分の1以上の借金があっても利用可能です。