お金を借りすぎている&金融事故を起こした人はキャッシングできない

お金を借り過ぎている

m2

当たり前ですが、他社からお金を借り過ぎている方も審査に落ちやすいです。
たくさん借金をしている人にお金を貸して欲しいと頼まれても貸したくないですよね?
消費者金融や銀行もみなさんと同じ気持ちなので、借金が多い人には貸したくありません。
どこも確実に返済してくれそうな人を対象にお金を貸しています。
お金を借りたいのであれば、まずは今抱えている借金を減らす努力をしてください。

また、既に年収の3分の1までお金を借りている方は消費者金融の審査に落ちます。
これは総量規制という法律で年収の3分の1を超える貸し付けはできないと決められているからです。
他社と新たに契約する場合は、現在どのくらいお金を借りているのか確認してから申し込むようにしてください。
ただし、銀行カードローンは総量規制の対象外となります。

金融事故を起こしている

過去に金融事故を起こしている方は審査が非常に不利になります。
この金融事故が審査に落ちる理由として最も多いといわれています。
金融事故とは返済の長期延滞、債務整理(自己破産・個人再生)といったことです。
これらの事故情報が個人信用情報機関に登録されている間は審査は通りづらいと考えてください。
長期延滞などは3ヶ月~6ヶ月、債務整理は5年~10年経過しないと情報が消えることはありません。

事故情報が登録されているかどうかは、各信用情報機関に問い合わせれば確認できます。
現在の信用情報がどうなっているのか知りたい場合は確認してみるのもいいかもしれません。