自動契約機は土日・祝日でも営業している?申込方法は?

自動契約機は土日も営業しているの?

土日にお金が必要になるケースもあるでしょう。
友達と飲みに行ったり、恋人とデートをしたりと土日は何かと出費が多くなりますよね。
そこで気になるのが土日でも自動契約機が使えるかどうかですよね?

基本的にどの消費者金融の自動契約機も土日祝日問わず、使用することができます。
駅前に設置していることが多いので、友達や恋人との待ち合わせ前に申し込みをして、お金を借りるというのもいいでしょう。

自動契約機での申し込み方法

自動契約機を使った申し込み方法は基本的にどこも一緒だと思ってください。
多少違いはありますが、手続きの流れはそれほど変わりません。

まず、タッチパネルで必要情報を入力します。
必要情報とは生年月日、性別、家族の有無、雇用形態、業種、勤続年数、年収、他社からの借入状況などです。
これらの情報を正確に入力しないと審査に支障をきたすので注意しましょう。

次に持参した必要書類の読み込みを行います。
希望する借入額によって運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の他に収入証明書が必要になる場合もあります。

必要書類の提出後、申し込み用紙に必要情報を記入し、カメラで読み込みを行います。
そうすると審査が行われ、無事に審査が通るとカードが発行されます。

自動契約機での申し込みは、ガイダンスに従って手続きを行うだけなので、難しく考える必要はありません。
仮に分からないことがあったとしても電話でオペレーターに確認できるので安心してください。
「難しい」「面倒」といったイメージがあるかもしれませんが、みなさんが思っている以上に簡単に申し込みができます。

自動契約機で申し込む際の注意点

自動契約機で申し込む際、いくつか注意点があります。
無人だからと思って油断してしまいがちですが、実は自動契約機にカメラがついているので、オペレータに自分のしぐさ・態度が分かってしまいます。
挙動不審な態度を取ったり、ふざけて機械を叩いたりすると印象が悪くなり、審査に大きく響きます。
無人ですが見られるというのを忘れないでください。

自動契約機だけではなく、他の申し込み方法でもいえることですが、虚偽の申告は絶対にやめてください。
印象を良くするために他社からの借入状況を誤魔化したり、勤務先を偽ったり、他人や家族の運転免許証を使って契約するのは違法です。
虚偽の申告をしてもすぐにバレてしまいますし、他人の本人確認書類を使用するのは犯罪になります。
トラブルを避けるためにも必ず正確な情報を伝えましょう。