キャッシングは何社までOK?消費者金融と総量規制の関係

何社までキャッシングができるの?

借入限度額を300万円や500万円に設定している消費者金融が多いですが、マックスまで借りることは難しいです。
本当は200万円必要でも100万円や50万円までしか貸してくれないケースがほとんどです。
そうなると1社では足りないので、2社、3社と申し込みをしないといけなくなります。
ここで気になるのが「何社まで借入できるのか?」だと思います。

一般的に消費者金融から借入する場合、3社が限界だといわれています。
3社からでも審査が厳しくなりますが、4社以上になると十分な収入があっても審査が通らない可能性が高いです。
場合によっては4社や5社から借入できるかもしれませんが、返済のことを考えると3社までにしておいた方がいいでしょう。

どうして審査が難しくなるのかというと担保・保証人不要でお金を借しているからです。
利用者からすると非常にありがたいことですが、消費者金融からすると大きなリスクを背負うことになります。
リスクを極力避けたい思いがあるので、借入先が多いと「この人はうちに返済してくれないかもしれない」と判断され、審査に落ちてしま
うというわけです。

法律で多重債務が禁止されているわけではないですが、リスクがあまりにも大きいので複数の消費者金融から借入するのは避けてください

仮に1社あたりの借入額が少なくても借入先が多いと利息が膨れ上がり、返済が難しくなります。

消費者金融と総量規制の関係

消費者金融のキャッシングの場合は総量規制の影響を受けるというのを覚えておきましょう。
総量規制とは年収の3分の1以上の借入を禁止する法律のことです。
年収300万円の場合だと100万円以上消費者金融から借入することはできません。
つまり、年収300万円の方が1社から50万円ずつ借りる場合は2社までが限界ということになります。
既に総量規制いっぱいまで借入している状態で申し込みをしても審査で確実に落とされます。
中には総量規制を無視して貸し付けを行っている消費者金融も存在しますが、悪徳業者なので関わらないようにしてください。
法律を無視した消費者金融を一般的にヤミ金といいますが、あり得ないほどの高金利で借りることになるので、一度利用すると借金がどん
どん膨れ上がり、返済ができなくなります。
こうなると法律の専門家に頼るしかなくなってしまうので注意してください。

そして、1社から50万円以上借入する場合、借入総額が100万円を超える場合は収入証明書が必要になります。
収入証明書に使用できるのは源泉徴収票や給与明細、確定申告書といったものなので、必要になる場合は事前に用意しておきましょう。