カードローンの限度額増額の条件・上限・基準のまとめ

限度額増額の条件

限度額を増額するには一定の条件を満たしている必要があります。
条件を満たしていない限り、限度額を増額させることは不可能です。
その条件とは次のようなものです。

・契約してから6ヶ月以上経過している
・返済日に必ず返済している
・明確な増額目的がある
・収入証明書の提出

契約してから6ヶ月以上経過している、きちんと返済を行っているというのは最低条件です。
返済がいつも遅れていたり、支払いが滞っている場合は諦めてください。
消費者金融によっては契約期間が1年以上経過していないと増額できない場合もあります。
この2つの条件を見て分かる通り、信用されていないと増額は不可能です。

増額の申し込みを行う際に増額目的を尋ねられることが多いです。
出産費用や結婚資金といった理由であれば問題ありませんが、借金を返済するために増額して欲しいという理由だと間違いなく断られます

しっかりと正当な理由を考えてから増額申し込みを行ってください。

50万円以上の借入をする場合、収入証明書を提出しないといけません。
収入証明書とは源泉徴収票、確定申告書、給与明細書、所得証明書などの収入を証明できる書類のことです。

限度額の上限

限度額の上限はその人の年収によって異なります。
総量規制の影響で、消費者金融は年収の3分の1までしか貸せないことになっています。
年収300万円の方だと限度額は100万円、年収150万円の方だと限度額は50万円まです。
消費者金融で年収の3分の1以上借りるのは不可能なので、他社からの借入も合わせて既にいっぱいまで借りている場合は増額できません。

年収3分の1以上に達しているのも関わらず、お金を貸してくれるところもありますが、そこはヤミ金なので絶対に利用しないでください。
ヤミ金は法律を無視した貸し付けを行っているので、総量規制は守っていません。
他から借りることができないからという理由でヤミ金を利用している人もいますが、確実に後から大変な目にあいます。
どうしてもお金が必要な場合は、総量規制の影響を受けない銀行のカードローンに申し込みしましょう。

限度額増額の基準はいくら?

限度額の増額申し込みをした場合、どのくらい増やせるのか気になると思いますが、大きな期待はしないでください。
基本的に10万円ごとの増額になるので、50万円から一気に100万円にするのは難しいです。
もちろん、申し込みをしても審査に通らなければ、増額はできません。

限度額を増額させるにはコツコツ信用を積み重ねしか方法はないので、返済を遅れることなく続けるというのが重要です。
住所や連絡先などに変更があった場合、迅速に届け出ることもプラス評価に繋がります。

増額?それとも他社申し込み?どちらがいいの?

お金が足りなくなった場合、限度額を増額しようか、それとも他社で申し込みをしようか、迷いますよね?
どちらにもメリットとデメリットがあるので、一概にどちらがいいとはいえませんが、すぐにお金が必要な場合は他社に申し込みをされた
方がいいでしょう。
審査のことを考えると増額の申し込みよりも他社で申し込んだ方が素早く借りられるはずです。
さらに増額だと10万円ごとしか増やすことができませんが、他社申し込みだと時間をかけずに数十万円借りられるので、まとまったお金が
必要な方も新規で申し込みを選択された方がいいかもしれません。

また、増額と他社申し込みの両方を希望されている方は、先に増額の手続きを済ませてください。
増額の審査では他社の借入状況をチェックされます。
他社からの借入があった場合、増額の審査に通りづらくなるので順番を間違わないようにしましょう。

限度額が減額する場合もある?

限度額増額の申し込みをした場合、逆に減額される可能性もゼロではありません。
増額の申し込みをすると再び審査が行われます。
その審査の結果次第では限度額が減らされることもあります。
返済日を守らずにいつも遅れている、他社から大金を借りているといった場合は減額される危険があるので要注意です。
信用情報に自信がない方は下手に増額の申し込みをされない方がいいかもしれません。