ノンバンク系キャッシングと銀行カードローンの違い・まとめ

ノンバンク系キャッシングと銀行カードローンの違いを知っておこう!

借入を検討されている方は、ノンバンク系キャッシングと銀行カードローンの違いを知っておいた方がいいです。
ノンバンク系キャッシングと銀行カードローンは全くの別物なので、それぞれ特徴も異なります。
自分に合った借入をするためにも両者にはどのような違いがあるのか理解しておきましょう。

ノンバンク系キャッシングとは消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者のことをいいます。
貸金業者は貸し付けだけを専門に行っている金融機関のことなので銀行や証券金融会社などは含まれません。
代表的なノンバンクといえば、プロミスやアイフル、モビット、アコムといった消費者金融です。

銀行カードローンとは銀行が行っているカードを利用した貸し付けのことです。
定められた金額内であれば、何度でもカードを使ってお金を引き出すことができます。
みずほ銀行や楽天銀行、イオン銀行、三井住友銀行などカードローンを取り扱っている銀行は多いです。

総量規制の対象かどうか

ノンバンク系キャッシングと銀行カードローンの一番の違いは総量規制の対象かどうかです。
総量規制とは年収3分の1を超える借入はできないという法律のことです。
この法律は貸金業者が対象なので、消費者金融やクレジットカード会社などのノンバンク系キャッシングが影響を受けます。
一方、銀行は貸金業者ではないため、銀行カードローンは総量規制の対象外です。
この総量規制を受けるかどうかは、どちらを利用するのか決める上で重要になります。

例えば、既に消費者金融から年収の3分の1を超えるお金を借りている場合、他の消費者金融からは借入できませんが、銀行カードローンで
あれば借入可能です。
さらに専業主婦の場合、消費者金融から配偶者の同意がないとお金を借りられませんが、銀行カードローンの場合は普通に借りることがで
きます。

金利の違い

ノンバンク系キャッシングと銀行カードローンの金利を比較した場合、安いのは銀行カードローンです。
30万円を借入する場合、ノンバンク系キャッシングだと金利18%が一般的ですが、銀行カードローンだと14%程度で借りることができます

もちろん、申し込む銀行カードローンによって金利は異なりますが、ノンバンク系キャッシングよりは低いと思っていいでしょう。
金利で選ぶならノンバンク系キャッシングよりも銀行カードローンの方がお得になります。

どうして銀行カードローンの方が金利が低いのかというと資金力が全く異なるからです。
銀行は消費者金融よりもずっと資金力があるので、低金利で貸し付けを行っても余裕があります。
一方、消費者金融の場合、銀行と同じくらいの金利で貸し付けを行ってしまうと経営を続けることができません。
しかし、それでは銀行カードローンに負けてしまうので、スピーディーな審査や無料利息期間などを行って差別化を図っています。