銀行カードローン・ノンバンクの借入限度額&審査の違い

借入限度額の違い

借入限度額もノンバンク系キャッシングと銀行カードローンでは異なります。
借入限度額とはお金を貸してくれる限度額のことで、銀行カードローンの方が多いです。
大手消費者金融の借入限度額は500万円ですが、銀行カードローンとなると800万円や1000万円に設定されています。
数百万円の大口融資を希望される場合は銀行カードローンを利用された方がいいでしょう。

ただし、ノンバンク系キャッシングと銀行カードローンも借入限度額いっぱいまで借りられるわけではなく、返済能力に見合った金額まで
しか借りることはできません。
100万円の借入を希望しても50万円や30万円しか借りられない場合もあります。
消費者金融の場合、基本的に契約直後の限度額は50万円以下になると考えてください。

審査の違い

ノンバンク系キャッシングと銀行カードローンでは審査にも違います。
審査のスピードを比較するとノンバンク系キャッシングの方が圧倒的に早く、大手消費者金融になると最短30分で審査が終わります。
銀行カードローンは審査に時間がかかるので、急ぎでお金が必要になった場合は不向きです。
申し込みしたその日のうちにお金を借りたい場合はノンバンク系キャッシングを利用されてください。

また、審査の厳しさも銀行カードローンの方が上です。
銀行カードローンは金利の低さを売りにしていることもあり、消費者金融と比べると審査の基準が厳しいです。
消費者金融の審査に通っても銀行カードローンの審査に落ちてしまうケースも珍しくありません。
すぐにお金が必要な状況で冒険をする必要はないので、確実性を重視するのであれば、ノンバンク系キャッシングに申し込まれた方がいいでしょう。